ご飯作りのこと

私はこの冬くらいから、毎晩のご飯が出来上がると写メを撮ってブログに記録しています。(ミクシィなので、限られた方しか見られなくて、ここでご紹介できなくてごめんなさいね)
先日お友達が、「(あのご飯記録)頑張ってるよね。落ち込むから、見ないようにしてるんだけど^^」と言ったので、ああそうだ、そうだったんだ、と思い出しました。

ここを読んでくださってる皆さんは、毎回の食事の用意は、どのようにされていますか?

食事は、摂らない訳にはいかないから、けっこう切羽詰った問題ですよね。

私は、もともと完璧主義っぽかったのですが、子どもが生まれて心の具合が悪くなってからは、特に食については強迫的なこだわりようでした。
出ない母乳にこだわり続け、力尽きて諦めたのは離乳食に移行できると考えたからでした。食材にこだわり、安全なものを選び、細心の注意で調理し、笑顔で食卓を演出しました。おかげで子供は食べるのが好きになり、自分から進んで食べてくれ、しかも完璧主義な母に見つめられる中、とてもきれいに汚さず食べてくれました。
でも、本当の姿は、焦燥感でありとあらゆるものを注文しまくり、歯を食いしばって台所に立ち、息を詰めて子供を監視し、作った笑い顔で引きつっていました。

だんだんに、きちんとした食事の用意ができない日が増えていき、市販の離乳食に頼らざるを得なくなっていきました。食材は宅配だったので冷蔵庫に溜まっていき、そして配達の日になるとどっさり届き、その山積みの箱を見てへたり込み、過呼吸を起こし、震える手で階下の唯一のメンタル友に電話をして部屋の中まで来てもらい、食材を見繕って持って帰ってもらい…夫の実家から善意で届いたどっさりの野菜に半狂乱になり…それでも、取り付かれたように、注文はやめられなかった。食卓に、市販のものが乗るのが恐怖だった。

私の具合は、通院しているにもかかわらずますます悪くなっていきました。自分はもう、お菓子しか食べる気が起こらない。何も食べようとも思わない。でも、子どもには、何かは口に入れさせなければ…本当は、お菓子の袋を開けて与えるくらいの気力しか残っていない日々。根底にある、食へのこだわり。かろうじて市販の離乳食の封を開けスプーンを突っ込み…2歳過ぎの子どもに離乳食…放置して布団を引きかぶる日々。
子どもの笑顔が消えていきました。引きつった表情。もうこれはネグレクト(育児放棄、と言う虐待)だ・・・私さえいなければ、この子は可愛がってくれるおじいちゃんおばあちゃんの元で、暖かな食卓を囲むのだろう・・・
涙が出ました。

保育所に、緊急入所が決まりました。私は毎日一日中、昏々と眠り続けました。
保育士の先生に「お母さんは、お母さんでいてくれたら、それで十分なんですよ」と言ってもらったけれど…
私の存在意義…「まんまん」と呼ばれている限り、せめて「まんま(ご飯)」は用意してやりたい…

考えました。粗食・スローフードと言う大義名分の下、題して「焼き魚生活」が始まりました。これなら、何も考えられなくてもいい。生きていられさえすれば、なんだっていい。
毎日、毎日、魚の干物。焼けない日は、ちりめんジャコ。それと納豆。冷凍のホウレンソウ。できる日は、日持ちのする充填豆腐と乾燥ワカメのお味噌汁。夏は、洗うだけでそのままかじれるキュウリとミニトマト。
まだ子どもの好き嫌いが激しくなかった頃でした。助かりました。「まんまんの作った納豆ご飯、おいしいね」と言ってくれ、号泣しました。
包丁も握れませんでした。お湯も沸かせませんでした。台所に立つと、何からすればいいのか頭の中が真っ白でした。
せめて、と歯を食いしばって笑顔を作り、晩御飯を食べる子供のそばにいてやりました。そのためだけに、日中ずっと寝て体力を温存しました。


「保育所の給食で十分栄養は足りていますからね、安心してね、お母さん」保育士の先生は、言ってくださいました。
よそのお宅が何を食べているか、考えたこともありませんでした。もう、それどころではなかったのです。
思いも及びませんでした。もしもよそのメニューが分かる状況だったら、どんなに自己嫌悪に陥っていたことでしょう…

だんだんに、だんだんに、だんだんに・・・冷凍のお魚を解凍する気力が、たまには卵豆腐でも、ちくわでも入れて気分を変えようかと思いつくことが、できるようになっていきました。何年も、何年もかけて…
レタスをめくって洗うことができるようになり…お湯を沸かして生のホウレンソウを湯がくことができるようになり…
煮物ができるようになった頃は、味がめちゃくちゃでした。多分、味覚がおかしかったのでしょう。それでも家族は食べてくれました。

夕方になると、夕食作りのプレッシャーで何度も過呼吸を起こしました。
冷凍庫が「保険」のチンする冷凍食品でパンクしていた時期は、かなり長かったです。
冷凍庫があふれる度に、階下のお友達にお願いして冷蔵庫のスペースをお借りしていました。

食材を生協で賄わなくてはいけない、と言う強迫感は、今でもあります。
また、混乱と情報の刺激でスーパーでお買い物ができなかったのもあります。
週1の配達日に合わせて1週間の献立をきちんと立てる習慣にして、その通りできたりできなかったり、もう何年になるでしょう、あの「焼き魚生活」から5年半が過ぎました…

ふとした時に、ふと思ったのです。
「私、毎日違うもの作ってるやん。すごいやん……」
それで何気なく写メに撮って記録し始めました。
あの時の私が。ここまでなった・・・
ご飯の記録は、転んだ起きたことの、証なのです。
「ご飯、できたよー」と子どもを呼びながら写メを撮る時、いつも、いつも、必ずあの頃を・・・離乳食を放り投げるように与えていたあの頃を、納豆ご飯に笑顔してくれる子どもに泣いたあの頃を、思い出すのです。

感謝・・・・・・

6月8日の定例会

6月8日(火)、火曜の会(うつママの会)が開かれました。
今回は、新しい方も交えて4人の参加です。

火曜の会の方は、施設側の都合で託児がないのです。なので、新しい方は、赤ちゃんをあやしながらお話を。本当は、託児してホッと一息ゆっくりお話していただきたいのですが、まぁ反対に考えると参加予約も要らずにその日の体調次第でふらっと来ていただけるので、当面はこのままにさせていただきます…(^^)

赤ちゃんは、1歳過ぎになったところで、ご機嫌だったり泣き泣きしたり、オッパイ欲しがったり寝ぐずりしたり…赤ちゃんのママだった頃を忘れかけている管理人としては、改めて目の回る思い(@_@)もう、毎日「お母さん」としてそこに存在しているだけで、すでに十分に頑張っているということなのだ!!!との認識を新たにしました。

この地域は、よそからお引越ししてきたママさんの割合がとても高いように感じます。この日も、新しいママさんに常連さんが、知らない土地での大変さを大いに共感していました。そして、頼る人が少ないことを心配し、ファミリーサポートや保育園の利用を力説していました。
うつママさんは、これらの手続きからしてハードル高すぎなのです。行政の皆さん!!どうかお願いしますよ~~~
保健師さんのサポートも、人によってバラつきがあるみたいです。相談に乗ってもらうだけでは現状打破が出来ない、付いていてもらえないと動けないママさんも大勢おられると思います。行政の方たち!!どうかお願いしますよ~~~

この日、久しぶりに他の人とおしゃべりした、と言ってくださいましたが、お疲れ出ませんでしたでしょうかね…
でも、話すことでいろんなストレスが流れ去っていきますから、じゃんじゃん愚痴ってくださいね!!そのために家事が少々おろそかになっても、これは健康管理上必須項目なのです!!!ママが笑顔なら、それだけで家族は幸せなのです☆

常連小学生ママの今回の話題は、学童から帰ってきてからの生活リズム(何時まで外で遊んでいいかとか)などでした。ここらへんは一般的なママさんの話題と同じようなのですが、うつママの場合それを子どもに躾けるエネルギーがないため、そのへんの工夫などが話題になりますね。

さてさて、梅雨真っ盛りですね。お天気の具合で体調が左右される人もたくさん居られるでしょう。ゆっくりゆったりしてくださいね。晴耕雨読ならぬ「雨寝る」でいいんじゃないかと思います。

来月の定例会は、7月13日(火)、10時~、西宮市のウェーブにてです。
飛び入り大歓迎!しんどい思いを分けっこしたら、少しは軽くなるはずですよ(^^)

6月4日の定例会

6月4日(金)、金曜日の会(ブルーなママの会)を開きました。
今回は、新しい方も交えて9名の参加でした。

パソコン仕事が億劫で、携帯から書き込みしてみます(^-^)うまくいくかな。

こちらの会では、気持ちの安定・お話しやすさのために、いろいろな手仕事をしています。今回からは、刺し子や刺繍をする人も♪会の中では一気に主流派に(笑)他には、大人の塗り絵や編み物もしています。

ママにホッとする時間を…と思い、ボランティアさんに託児に来ていただいています。この、ママと離れる時が難関(^_^;)一生懸命泣いて訴えるので、ママも汗汗…
小さいお友達は、その時は泣いていても気を紛らわしてもらうと遊びに入っていけるのですが、大きいお友達はちょっとわかってきてと言いますか、梃子でも動かなくなりママが困惑することも…
でもいいんです(^-^)この会は「ありのまま、気持ちの楽なように」がモットー☆ママのお隣に座ってお利口にしていてくれます(b^-゜)ママも気になさらず、その時その時でいい方を取ってくださいね☆子どもは日々成長しますから、またどんどん変わっていきますよ(^_-)☆

そんなこんなで、今回も和やかな時間が持てました。ありがとうございます(*u
プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
中学生の男の子が一人います。アラフォー??でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

趣味は、パンを食べること、寝ることw、静かな緑に囲まれること、ドライブ。
音楽はクラシック・ケルト系から、ジャズにシフトしつつあります。最近ピアノを習い始めました!ドキドキ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR