坊主めくりは、他人の不幸を喜ぶ遊びか?

最近、みるみる元気が出てきた管理人・さくちるです。
ここの所いろいろ語り合ってきた親友(人間関係に自己卑下な私ですが、そろそろこう呼んでも良かろうかな、と)の人生が、目を見張るような勢いで開けてきたのです。
そのいい循環に私もパワー、勇気を頂いています。



産後すっかり調子が悪くなってからは、ボーズ(息子)の「遊んでコール」には相当無理をして付き合ってきました。けれど人間、何でも無理はいけませんね。遊ぶたびにイライラしてしまって楽しくなくて、かえってボーズを泣かせてしまう悪循環でした。


10年弱も?子育てしてやっと「いー加減にする」コツを掴んできて、「まんまんにも出来る遊び」(←あまり疲れないものw)のメニューを作ってあります。
騒々しいのが苦手なので、アナログで単純なものをリストアップしてあります。




さて、その中の一つが「坊主めくり」。
子どもが大好きな遊びの一つですね。しかも寝ころびながら出来て、頭を使わない(爆)親も嬉しい。


最近大笑いも出来るようになった私、いつもではないけれど、でも今日は家族3人で楽しくやりたいと思い、「坊主めくり、やろっか~♪」と提案してみました。
ボーズは躍り上がって大喜び。



子どもの頃は、親戚が集まると、お茶菓子と共に大人も子供もちゃぶ台囲んで坊主めくりに盛り上がりました。
若い頃は「結局、ただ運試しだけの。だから何?」とか冷めた目で見ていたけれど、
最近、その良さを再認識です。



単純。シンプル。適度なスリル。しかも難しいことも考えなくていい。無邪気に楽しい。

そして、人が坊主を引くたびに、手をたたいて皆でその不幸を大笑いする。大っぴらに、思いっきり。
引いた本人も苦笑いが、いつしか大笑いに。

場に放出された「財産」は、ほんの単純な運の良し悪しで、天下の回り物と言わんばかりに誰彼に移動する。そのたびに、一喜一憂、大笑い。そして、その神髄は「人生何でも半々、トントン」というところか。


そして「蝉丸・LOVE!」とか何だか子供が大好きなスペシャルもあったりして(笑)出るたびに大騒ぎで、坊主なのに羨ましがられ(笑)

何とも奥の深い遊びではないか…!!!


今日は1回戦は私のボロ勝ち。しかも「蝉丸」ゲット☆
2回戦はボーズが大勝して、笑顔で終わる。




この、何とも「罪悪感なく」ざまあみろ!と「他人の不幸を喜び、嘲笑う」。この快感!!しかも合法的(笑)
最後は、「あ~やれやれ、今日は運が、…」などと、みんな頷き受け流して、丸く収まって終わる。


この感覚って……
今の世の中に、欠けていると、思いませんか???


みんな、多かれ少なかれ、「そういう部分」を持っているんですよね。自然な姿です。
だから、坊主めくりをすると、スカッ!!とするんですよね。
ちょっとはみんな、意地悪だってしたい。イケズな部分があるんです。
坊主めくりはそれを、とてもいい感じに表出し、解消してくれる。
だからこのゲームは、無条件に面白いんです。


改めて、そう思うようになりました。


あああ、今日も楽しかったなぁ!
またやろうねぇ(^^)





さて、ここからは、私がここ2年ほど「全力で向き合っている」テーマ、「善悪の二元論」についての私の意見です。
理屈っぽい話、長い文章が苦手な人は、ひとまずここで、ごきげんよう☆





昨今の、日本社会の窮屈さ。
何だろう。
元々生きづらいタチの私ですが、本当にこの、言葉になっていない「空気」は、とても辛いものがあります。


学校も、子育てのしつけも、すごく「建前」が増えた気がします。
言葉尻をとらえたり揚げ足取りな、妙なギチギチな「善・正義感」が、スタンダードとしてまかり通り、
それをむしろ奨励し、教え込んでいませんか。

「そうじゃなければならない」と。そして無言の圧力?空気?

人の不幸を嘲笑うなんて、なんてひどい事なんだ!とか。

確かに「善」ですよね。



私は大阪生まれの大阪育ち、地が出ると口は相当悪いです。(大阪はガラが悪い、とまた風評被害が…w)
けど、社宅終了に伴い転校したくなかったし、相性のいいお医者さんも変わりたくなかったのでここに住むことにしたのですが、
正直お上品な「文教地区」、ザワザワしていなく落ち着いていて私の症状には大助かりなのですが、子育て環境的には無菌室過ぎて、うすら寒い、怖いです。
窓を開けたままボーズを怒鳴っていると、何と思われている事でしょうかねぇ(苦笑)



以前はガチガチのストイックに育てられた私です、でも、かなーり価値観変えてもらいました、友人たちに。だからじゃないけど、小学生の頃の南大阪のちょいコワな素顔が戻って来まして、

というのは「アホか、お前!!」「どついたろか!!」「殺したろか!死んでまえ!!」なんて、毎日当たり前のように連発していた訳です(苦笑)
今なら?(大阪は除く?か?)即、親呼び出し指導厳重注意な…

「アホ」という言葉は大阪的には当たり前なのですが、でも建前的には「差別用語」なんですね…。
思わずそれを怒鳴った時、ボーズが泣きながら「そんな言葉使ったらアカンって、習ったのにー…。」と。はぁ??アンタのクラスは、そういうこと言う奴は一人もおらんのか??とマジで訊くと「ホントに居ない」。これまたビックリ仰天しました。そんなん、小学生とちゃうやろ!!!と。


1年前でしょうか、親友が何気に「他人に『死ね』と思うなんて、当たり前の感情でしょ?」と言い、さすがに「死」というワードは私には地雷で相当ショックを受けたのですが、
よくよく考えると、自分も小学生時代は大声で連発していましたね…(苦笑)でも、ホントに人を殺したりなんかしませんしね…。

そんな事があってから後、ボーズとすごいバトルで、思わず実の息子に向かって「死んでしまえーーーーーー!!!!!」と(汗)
ボーズ号泣、というか激怒。「人に『死ね』なんて言うたらあかんのにーーー。。。」とワナワナ。
ま、建前上、大ごとな発言ですよね…。

いやここでひるむのが、現代日本人と違いますか?私は勢いで続けました、「…って『思わず言いたくなるくらいに怒ってる』っちゅうことやーーーー!!!」
ボーズ、無言で納得…(苦笑)



いいんですよ。そういう感情があるんだってこと。当たり前、自然なんですよ。
なのに私は、それを我慢しろと教育されてきてしまったのです。そしてどんどん感情そのものを失っていって、生きながら「死んで」しまっていたのです…。

しかも、それも忘れて、ボーズにまた同じことを押し付けようとして来ていました。
友人に出会って、やっと気付かせてもらったんです…。

誰が何が悪いとか、犯人捜しなどしても、何の解決になるでしょうか、
ただ私は、そんな繰り返しをしたくはない。ただ、その一心です。

「綺麗事だけ並べて、清く正しく生きてく」なんて、そんなに人間って単純ですかね???
それを100%目指して「善人」なんて、むしろ嘘っぱちじゃないですかね?
しかも、社会全体がそれを求めている空気。何かおかしいです…。



思うんです。そういう「負の感情」を徹底的に抑圧した結果が、陰湿なイジメにも繋がっているんじゃないかしら??と、感じるんです。
弱い者にだけに、巧妙に向けられる、厭味や腹いせ。
「建前」に触れない巧妙さで見逃され、みんなそれが社会の当然だと諦め、心の繊細な感受性の強い人だけが徹底的に傷つけられ潰されていく。
そして『弱い人は守らねば』の建前とは裏腹に、「弱いから悪いんだよ」という無言の冷たい目。


それは、明るくあっけらかんと「本音でガス抜き」出来ないから、起こっているのではないだろうか??
おかしな平和主義。建前だけの平穏さ。みんなその枠からはみ出すことを恐れている。吊し上げられるから。
実はみんなビクビク、人の顔色窺って、お利口さんを装わないと、叩きのめされるから。

100%善人なんて、この世にいるかい??
なのに、みんな当然のように「そうあらねば」と勘違いしている。無理している。
笑って許しあえるイケズさえ認められない分、それが溜まりに溜まって、恐ろしい形で噴出するんだ。


ありもしない幻の善人を理想として目指していた私は、その無邪気な小学生以降、人とケンカをした覚えがなかったです。怖くて枠をはみ出せませんでした。(というか、黙っているだけではみ出していたようで、ホント吊し上げを食らいました)

正直、それが「うつろな感情」の一因だったのかも知れません。



親友と大ゲンカを繰り返してた頃、「争いは痛いです、仲良くしましょうよ」といつも言われましたが、私は本音でぶつかって行ける人が現れた嬉しさで、いつも噛み付き掴みかかっていて、随分痛い思いをさせてしまいました、
でも言ったんですよ、「ケンカするほど仲がいい、って言うやん、私、喧嘩できる人が出来て嬉しいねんけど。」居なかったんですもん…そうできる人が。


最近、別の仲良しのお友達から「さくちるのことなんか、嫌いやー!!」と言われました。いい人を演じてきた私です(リアルのお知り合いは、納得ですよね?w)、初めてかもですね。
正直、うれしかった。「よし、来たかーーー!」とさえ思いました。
本音で噛み付いてくれるなんて。それって「仲直りできるという信頼感」じゃないですか。嬉しかった。
よくぞ言うてくれたよ…って思いでいっぱいでした。
どんどん言うてくれてええ、生きてる感、ビンビン感じるわ、って。



あんな「いい子ちゃんな抑圧」クソ食らえです。




みんな、大いに坊主めくり、しようぜ!!!(笑)
軽~く鬱憤、晴らそうぜ!!!笑いで思いっきり空に放とうぜ!!
小さな意地悪心なんて、可愛いもんさ。
そんな事で目クジラ立てんなや。器が小っちゃいで(^_-)☆
おおらかに、生きようや。

自分の診察に

ウツ的症状は良くなっているのに、

そう、音楽を再開できたことが何よりの証拠、

なのに、何で日々こんなにも消耗するんだ??
背骨や頭が硬直するんだ??
普通に生活するにも、しんどすぎる…



そう感じて、いろいろ自分の様子を見つめ直して、
現在のクリニックの主治医先生から、ある障害の可能性を指摘してもらい、
大きな病院に(そこしか診断できないというので)紹介状を書いてもらった。

とても混んでいるらしく、途中で「もういいか…」と思ったりもしたりして、
結局指摘をもらってからちょうど1年経ってしまっている。


でも、その1年で、自分なりに自分に向き合って、それをたくさんの資料にした。
本当は、幼少時代の「客観的な証言・証拠」が要るようなのだけど、
いろいろの事情で、どうにも揃わなかった。


「自分」を生きる為に。
その為に、この診断をもらおうと決めたのだ。


けれど。
予想以上に手痛いパンチを食らってしまった…



結果次第では、「自分を生きる計画」も変更を余儀なくされるかも知れない。

けれど、いいよ、ゆるーく行きはするけど、時々一休みして横に置いたりするけれど、
もう諦めない。諦めてたまるか。
道を探して何度でも変えながらでも、しぶとく行ってやる。




詳しく書くのは、やめます。



凹んでいる場合じゃないんだ。

私にしか出来ない「仕事」。

放り出して、たまるか。




自分のようなのが繰り返されるのを目の当たりには、もうしたくないんだよ…。



6月12日の定例会

てんむす


こんにちは~。
梅雨の一休みな最近です。
この間の台風・大雨は、大丈夫でしたか??

写真は、この前遠出した時にボーズにお土産してあげた、名古屋名物・天むすです☆うふっ。



さて、6月12日(火)、うつママの会(火曜の会)がありました、が…
ちょうど梅雨寒の時期で…皆さん体調を崩されたみたいで…(泣)

寂しかったのですが、ま、こういう時でないとストックした資料の整理とかしないので(爆)
一人黙々と作業する管理人・さくちる…


おお、いろいろ出てきますね~。溜めこんだ情報。(苦笑)

そう言えば、昨日でしたかツイッターで「いのちの電話の無料日、電話が繋がったのは全体の4%にとどまる」という話が流れており…

ふむ…おうちを離れられないうつママの場合、ホントに命綱な電話相談なのですが、
そんな訳で、人気で繋がりにくいのもあるのですが、たくさん支部もあるので…それに毎日や24時間対応だったりして、「今!しんどい!」の時に有り難く、私も大いに利用させてもらったのですが…

いくらフリーダイヤルの日とはいえ、4%の確率でしか掛からないなんて、凹みますよね…(泣)


他にも育児系の相談電話はいくつもあるのですがね。
対応時間が限られていたりして、あるいは情報源がバラバラで。
う~ん、ちょっと近隣の電話相談リストを作ってみたいものだなぁ…などと思いつつ。



などなど、フムフムしながら作業していますと、
最近ナイスアシストを連発してくれている、メンバーのMさんからメール、

「会の紹介カード(名刺サイズ)、出来上がりましたよ~!」

そうなんです、最近ちょっと、お知らせにも力を入れ始めていて。
とは言え、草の根活動ですからね…(苦笑)

阪急・西宮北口周辺の、私の知っている所にチョコン、チョコン、と置かせて頂いております☆

どんなカードかは、見つけてのお楽しみに(^-^)♪


とりま、ウェーブと、アクタ西宮・西館5階「西宮市保健センター」(←乳幼児健診の会場です)にはありますので、
ぜひ!!!チェックしてみて下さいねっ(^-^)

あと、私の大好きなお店にも、ご協力いただいているところですよ☆



さっそくMさん、定例会場に持って来て下さって、
少しばかり???(笑)おしゃべりを。
笑顔を頂きまして…(^^)



そうだ、会の初期にお世話になった皆さんにも、また連絡を取っていこう、と
それぞれのリーフレットを「分かりやすく、ズラして(笑)」クリアファイルに整理し、



それはそれで、有意義に過ごせたこの日なのでありました。




そんなこんなで、開店休業状態の日も、マイペースでニコニコゆるりとやっておりますので、
皆さんもお気軽にどうぞ~なのでありまする。



★次の「うつママの会(火曜の会)」は、7月10日(火)、10~12時、いつもの「ウェーブ」にて、です!ぷらっとお越しくださいね。参加費は200円です。ティータイムでホッと一息入れてくださいね。

尚、8月のうつママの会は、お盆時期に重なるため、お休みさせて頂きます。ご了承よろしくお願いいたします。



…で、上の天むすちゃんは、こんな風になるんです(^m^)

てんむす、びょ~ん

(他講座) ~情報を見極め、本来のわたしに立ち戻る~

当会以外で企画している講座のお知らせです☆



「育児のメディア・リテラシー ~情報を見極め、本来のわたしに立ち戻る~」

・講師:中村 明美さん (フリージャーナリスト、元全国紙記者、西宮子育てネットワーク通信にエッセイ連載中)

・6月29日(金) 10~12時 

・夙東市民館 (西宮市) 当日受付・参加無料 (託児申し込みは終了しました)
 


「ネットに育児雑誌、育児本。脳科学に早期教育、自然育児。情報源はたくさんあるけど、愛する子のために何が一番か分からない!そんな悩めるあなた。
一緒に、情報を見極める力を付けてみませんか?
ワークショップでは、乳幼児の心が求めるものは何かを考え、体験します。友達作りのカフェ感覚で参加してみてくださいね。」


・平成24年度 香櫨園文化交流講座

・主催・問い合わせ先:浜脇公民館活動推進員会 (公民館TEL:0798-26-0656、9~17時まで)、香櫨園コミュニティ協議会『宮っ子』




管理人さくちるも、「情報の見極め」には興味があります!!
何しろ、この情報の氾濫が、育児不安の一因でもありますものね…。

私は都合がつくか未定ですが、おススメいたします~☆


           


★7月の会の日程★

☆ブルーなママの会(金曜の会) 7月6日(金)10~12時 (いつも通り第1金曜)

★うつママの会(火曜の会) 7月10日(火) 10~12時 (いつも通り第2火曜)


いずれも会場は、
プレラにしのみや4階 男女共同参画センター「ウェーブ」413学習室
(阪急・西宮北口駅、南出口、バスロータリーを越えた所のビルです。徒歩約3分)

参加費:1回制です♪200円/回 (ティータイムあり)

「ブルー」の方は、託児が可能です。「1週間前までに」お申し込みください。それから手配いたしますので、直前ご連絡だと無しになります…(連絡手段は何でもOK)
お子さんお一人当たり100円です。


どちらも飛び入り歓迎ですよ☆





梅雨入りしましたねぇ…いやはや、髪も蒸れ蒸れしてして、ほんと困っちゃいます。なかなか美容院に行けなくて…(そういう人、多くないです???)

洗濯物も、多いし乾かないですしねぇ…


でも雨の音は落ち着きます。
物音が苦手な私も、しとしとや、ザアザアは、何故だか気持ちがいいんです。

カエルさんの合唱が好きなのに、我が家では聞こえないです。さみしいな。

ホタルも見に行きたいんだけどな…。

アジサイは、一目惚れで「ダンスパーティ」という品種を買いました。検索してみてくださいな、とっても素敵ですよ。

お庭では、カモミールが元気よく咲いています。好きなローマン種です。
散髪を兼ねて摘んで、乾かしている最中です。


梅の仕事もしたいところだけれど、今年は何となく気乗りしなくて、お休みします。そういう臨機応変?が出来るようになりました(^^)



夏の予定も考えなきゃね。
18キップの旅のことを話すと、息子が羨ましそうにしているので、
母子で当てもなく小旅行とか、してみようかなー。
えっ、あれって子どもが使うと、ホントは半額だからもったいないのかな???(汗)



「ボランティア入門講座」で講師をさせて頂きました!

いつも「ブルーなママの会(金曜の会)」の方で託児担当のボランティアさん派遣でお世話になっております、「西宮市ボランティアセンター」。
こちらで6月8日、これからボランティアを何か始めよう!とお考えの方を対象に、「ボランティア入門講座」が行われまして、

各分野の講師の方々に混じり、「ルミエール」代表という立場から
「子育ての『しんどさ』について」というテーマでお話をさせて頂きました。


入門講座という事で、参加者の皆さんは少人数ながら老若男女幅広く、そういうケースは初めてでして、「それぞれ、その方なりに得るものが有りますように…」と思いつつでありました。



管理人、素人でこの「ルミエール」の会を独りでから一から始めてきました。(もちろん、目標となる先輩グループがあった訳ですが)
ささやかながら「犬も歩けば棒に当たる」?「数打ちゃ当たる」?的に、情報が蓄積されていきまして、
会の中でも特に新規の方に活用して頂こうと、ストックしていっております。

なので、何度か講師のご依頼がありましたが、その時々の私の「問題意識」などなどで、少しずつお話している内容が変わっていっております。



今回は、大まかこんな感じでやってみましたよ。(特にタイトルは付けてないですが)

・「現代」的社会の中での子育ての難しさ ~「現代」特有のしんどさ、生きづらさ~
・子育て世帯が多い「西宮市」特有の子育て事情、そのしんどさ
・「産後うつ」とは何か?どのくらいの割合の人がなる?どんな理由で起こる?等
・「ルミエール」会の立ち上げの理由、どういう目的の会なのか、内容紹介、託児ボランティアさんの活躍と役割
・子育て関連のボランティアさんに、現役しんどいママの立場からの要望 今後必要だと考える事


…と書きますと、何だか難しそうだな…(^_^;)



ま、実際は、コテコテべたべたの大阪弁で、いつもながらの熱い想いをぶつける…な雰囲気でして(笑)


本当に皆さんには、熱心に聴いていただきました!!本当に感謝感謝です。

いくつものご質問も頂きました。
中にはご年配の男性からのものもあり、いやはや若輩者といたしましては恐縮至極であります…が、


「出来るだけ多くの人たちで、子ども達と子育てママを見守り、支えよう!」

「昭和の価値観で育ったママパパ、平成の不透明さの中での子育ては本当に大変。
その辺りをご理解いただき、美徳・理想像と現実の違いを冷静に見て、『今、ココの現実』に即してイイトコ取りをしながら、柔軟に乗り切ろう!」

「不安の大きい子育ての中では、年配の方々の『自分はこの価値観で生き抜いてきた!という自信』を背中で見せてくれることの安心感は大きい。頼りになるんです!」

そのようなことを、特に強調させて頂きました。



「子育てママさんには、どのような距離感で接していいか、迷います…」というご質問もありました。
助けていいのか、お節介なのか。迷うところですよね。
まずはライトな感じで(笑顔でご挨拶とか)、不必要な詮索ではなく「顔見知りになっておく」がスタートだと思います。
それも一つの安心感だと思います。



気負って「ボランティアするぞ!」でなくとも、笑顔を、安心感を、広げていくことは出来ると思います。
それが基本かなーとさえ思う、管理人です。


小学生ママになって、男性の皆さんの尽力には驚き、感謝の連続です。

登下校時に、さりげなく交差点などに立って見守り活動をしてくださる方。顔見知りに毎日会える安心感。
スポーツ活動でコーチやお世話係をしてくださる方々。
PTAには「お父さん部隊」も発足し、ダイナミックな企画を繰り出してくださいます。
夏休みのキャンプ行事や、学校で高学年を対象に放課後に続いている「寺子屋」では、パワフルな学生さんや、経験豊かなリタイア世代の方々に支えられています!


いやはや、これからの子育ては

「老若男女、みんなで!出来る人が、出来る時に、出来る事を!
そしてその感謝の気持ちは、次のどなたかに、リレー、リレー」ですよ☆

そして「お互い様です(^^)」のおおらかさ。

「一人で背負わないよ(^_-)」の安心感。




そんなことを熱弁奮わせて頂きました、今回の講座でございました。
関係者の皆さん、本当にありがとうございました!



管理人・小舟さくちる、
人前で熱き想いをお伝えすることは、実は大好きです(^o^)

私でお役に立てそうな事がありましたら、出来る限りのご協力させて頂きますので、
どうぞお気軽にお声をお掛け下さいね☆

6月1日(金)の定例会報告

6月1日(金)、いつもの西宮市の「ウェーブ」に於きまして、
「ブルーなママの会(金曜の会)」が行われました。

参加者は、管理人を含め6人、プラス、終わりの方のティータイムぐらいの時間に、もうお一人。

身体がしんどいと、何しろ朝がツラいものです。家族が出かけてしまうと、二度寝しなければ持たない方も多いでしょう。
「ルミエール」の会は、「みんなで何かをする」ことが目的ではなく、あくまで参加者の方がココロ楽になって頂くことが何よりですので、
体調や生活ペースに合わせて、お時間もアバウトにお気楽にお越しくださいね(^^)




さてさて、今回のニューーーース!!!


西宮市は企業の社宅も数が多く、それ以外でも転勤族さんの多いことでも知られていますが、
(そんなこんなで、大阪・北摂地区と並んで、「住みやすい、転入して馴染みやすい」と評されています)
そうなると当然、転勤でお別れするという機会も増える訳でして、
「ルミエール」の会でも、何度かそういうシーンがありました。

そういう転出していった方が…また西宮に住まいを戻されて、真っ先に「ルミエール」の会にやって来てくださったのです!!!な、何とお引越しの翌日のお忙しい時にも関わらず…です!

管理人、まさかこんな感動の「卒業生・母校に戻る」みたいな事があるとは夢にも思っておりませんでした。
何という有り難いことでしょう!!
うれしいです。
こんな小さな会のことを覚えていて下さって…また扉をノックして下さった…

「久しぶりなのに、全然違和感ないですね(^^)」
当時のメンバーとはほとんど違っていたのに、そう言って下さいました。
ありがとうございます。。。



思えば、前身となるグループや活動を始めてから…7年ほどになるのでしょうか…。

発足当時から、マイペースででもずうっと参加して下さる人。
手仕事に疎い私の相談に乗ってくださる人。
私が設立をトライしたグループは名称変更も含めて3つですが、その2つ目に飛び込みで参加して下さってから、ずうっと付かず離れず私の頼りになってくださっている人。

保健師さんのご紹介で恐る恐る来て下さって、すっかり親友のようになった人。
まだまだ立ち上がったばかりの頃だったのに、ネットで見つけたとおっしゃって、1時間近くかけて来てくださる人。
フルタイムでお仕事に復帰されたので会には出られないけれど、折に触れて近況報告や相談事などでメールを下さる初期メンバーさん。

とてもさりげなく入ってこられて、いつもさりげなくでも続けて居て下さって、特に声高に語ることもされないのにと不思議に思って問うてみると「何かお力になれたら」と言って下さった方。ほんとに心強く嬉しく思いました。

口コミで、口コミで、やって来て下さる皆さん方。
お勧めして下さって、本当に光栄です。
そして「もっと早くに来ればよかったわ…!」とのお言葉を聞くと、本当にうれしくて、
黙って淡々と続けてきたのも、意味があることだったなぁ…と思うのです。
これからも、無理せず…「ここ」に居よう、とまた新たに思うのです。


参加して下さる皆さんが、それぞれほんとにマイペースで自然体で「ルミエール」の会を楽しみ、それぞれの形で盛り上げて下さる。
出来る人が、出来る時に、出来る事を、
誰も何も言わないのに、自然に皆さんがそうして下さっている。

このゆるやかな「安心感」に、
管理人自身が、力をもらっています。

そんなこんなで、皆さんに甘えてだんだんアバウトになっていく管理人・さくちるではありますが…(^_^;)
これからも、ゆる~く、ぼっちぼっちと、やっていきましょうかね~。




☆次回の予定は、いつも通り第1金曜、7月6日(金)になっております。
 時間は10~12時、会場は西宮北口駅の南出口近くのプレラにしのみや4階「ウェーブ」で、
 参加費は1回200円です。

※ 保育をご希望の方は、「1週間前までに」何らかの方法で管理人・さくちるにお申し込みください。ご連絡を頂いてから手配させて頂きます。お子さんお一人100円です。


新規の方のお申込みは、ツイッター「@sakuchiru33にリプライ」という形がお手軽かつ確実だと思います。最初はニックネームで構いませんよ。どうぞお気軽に(^^)

もちろん、チラシなどから直接お電話いただくのもOKですよ!

「マイペースちゃん」部会・報告

先日の予告通り、5月29日にいつもの「ウェーブ」にて、
「マイペースちゃん」臨時部会が開かれました。



~「マイペースちゃん」とは~
人見知り??強いこだわり??融通きかない??頑固??
マイワールドをゴリ押し??コミュニケーションに苦労??
・・・などなど、いわゆる「社会性が…独特???(汗)」と感じられる個性をお持ちの
お子さんのことを、このように愛称を付けてみました!!

いろんな機関に相談に行っても、たいがいが「まぁ、様子を見ましょう~」と言われて帰ってくるわけです…。


こういう何ともマイペースなお子さんに24時間体制で日々付き合い、
疲れ果てている(苦笑)「ブルーなママ」さんの集まりを作ってみた訳です~(^o^)/




さて、当日急用で涙を飲んだ方もありましたが、
私を含め6人の方々に集まって頂きました。

お子さんの年齢は、上は中2、下は年長さんです。

色々な体験談が飛び出しましたよ!


それぞれが利用してみた相談機関についても、情報交換。
意外な穴場があるものですね~!!!
さっそく自分も活用しようと、皆さん真剣にメモメモ(笑)


「こういう時に、ウチはこう!」みたいな、あるあるネタも大盛り上がりです。
他のママ友には「え~…そう?」と怪訝そうに言われるネタも、
「ウチもウチも!!」と激しく同意wされると、それだけでも心強いものです☆

そういう時、他の人はどう対応しているのか?!も直にたくさん聞けました。


峠を越えたママさんからの一言も、何とも有り難い限り。
「よぅし、ボチボチといくか~」と、気分おおらかになれますね。
「しばらく様子を…」の「しばらく、って、い・つ・よ?!」みたいな、やり場のないイライラも、
はは~、うんうん、そういうものなのか~、、、と納得。


そんなこんなで、なかなか好評に第1回を終了いたしました。

あとは、各自持って帰ったアイデア・工夫・発想の転換などなどを、
おうちで実践!してみて…
また時期を見て、報告し合いしましょうかねぇ(^^)






「臨時部会」ですので、定期的には行っておりません、
定例会で話題の中から、管理人が必要だと感じましたら、提案させていただく形です。

もちろん、ご要望があればセッティングも致します。



必要がありましたら、多少は学習会ちっくにしても良いかとも思っています。
関連のグループ、学習会、専門家の方とも連携していけたら、と思います。



「ブルーな」ママ、というのも、かなーり「ニッチな」カテゴリだと自認していますが(笑)
こういうお子さんのママさんも、世間の隙間に埋もれて、
「大したことない…かも知れない、けど、けど、しんどいよ。。。抱えてツライよ。。。」と言っている。

そういう人を、無視していていいものか??

いつも、そんな風に思っている管理人・さくちるです。




過ぎれば「大したことない」と笑い話にできる事でも、
渦中にいると、出口のないトンネルのようにツライです。

そんな時に、叱咤激励ではなく、
ささやかでも、ともしび掲げて、立ち上がる元気出るまで一緒に隣に座っていてくれる、
そうしてほしいな…自分も…と思うのです。


出来る時に、出来る人が、出来る事を。


プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
中学生の男の子が一人います。アラフォー??でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

趣味は、パンを食べること、寝ることw、静かな緑に囲まれること、ドライブ。
音楽はクラシック・ケルト系から、ジャズにシフトしつつあります。最近ピアノを習い始めました!ドキドキ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR