「コープこうべ 虹の賞」を受賞しました!!

管理人、このたび「コープこうべ 虹の賞」を受賞いたしました!
この賞は福祉や生活文化、環境、まちづくりなどの推進に貢献した個人や団体に贈られるものです。
活動を始めて約9年。ほそぼそとしか出来ず、鳴かず飛ばず??ではありますが、皆様のご理解に支えられて、ここまでやってこれました。子育てを私自身を支えて下さった皆さん、会に参加して下さった皆さん、活動に関わって下さった皆さんのお顔が目に浮かびます。そして今回この活動を評価して下さったコープこうべさん。本当にありがとうございます。
これからも、ゆっくりペースですが、「しんどいママ」さんに焦点を当てた活動をしていきたいと思います。皆様、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

神戸市内のコープこうべ生活文化センターで行われた表彰式に、出席してきました。
http://www.kobe.coop.or.jp/news/detail.asp?nid=news&eid=68994&y=2014

活動の大先輩達に囲まれての表彰式。
いろいろな分野の方々が受賞されていました。
表彰状は、一つ一つ、それぞれの活動を称えた内容が書かれた、お心のこもったもの。

喫茶コーナーさんの手作りデザートでおもてなしを受け、
何人もの方に激励のお言葉を頂きました。
新しい繋がりも得られました。
そんな時、ああツライ経験だったけれどやっぱりGiftだったんだな、って思います。
前ばっかり向いてつんのめりそうになっている私だけれど、時には振り返るのも悪くないかな・・・

今までの年月を思いつつ。
そして今日も連絡メールをやり取りしている私でした。
秋冬に向けて始動!やるぞ〜☆

7月4日の定例会報告

皆さんこんにちは。
空梅雨かと思ったら、ゲリラ豪雨や台風襲来、ホントお天気は難しいですね。
皆さんの体調の方はいかがですか?

さて、7月4日(金)、「ブルーなママの会」が行われました。
今回は2名の参加です。ゆっくりじっくり話が出来ました。
育児の苦労話、誰かに聞いてもらうだけでも少しは軽くなると思います。。。
育児だけでなく、ママの生きづらさ・しんどさは、いろいろな要因があります。
子どもさんが難しい子だったり、高齢出産や帝王切開での体力の問題、母乳の出方、家族の無理解やDV、支援の有無、仲間の有無、身内との関係(母娘問題や姑問題など)、ママ自身の幼い頃からの生きづらさ、家事・育児の得手不得手、経済問題・・・本当に様々です。

「ブルーなママの会」は、そんな社会の縮図のような場。「しんどいママ」という共通項で集った皆さんは、それぞれ形は違えど痛みを知る優しい人たちです。そんな仲間同士で思いを分かち合います。
夏は育児に最も体力の要る季節、ホッと肩の荷を降ろしに、ぜひご参加下さいね。

次回の会は、いつも通り第1金曜です。
★8月1日(金)、10〜12時、出入り自由です
★西宮市男女共同参画センター「ウェーブ」413学習室
★参加費:200円、お茶菓子付き、1回ずつの自由参加制
★託児はお子さんお一人につき100円。年齢不問。1週間前までにお申し込み下さい
★お好きな手仕事、手芸や塗り絵などをお持ちくださいね。なくても構いませんよ


10月開催の「いきいきフェスタ」の準備も始まりました。
今年も講座を予定しています!ご期待下さいね!
詳細決まりましたら、また告知させていただきます^^


周産期うつについての学会

関連資料です。
大きな学会でも、周産期うつについて取り上げられるようになってきました。画期的です。
今回の下記の学会は、いろいろな視点から掘り下げられるようで、期待しています。
特に周産期の薬物療法は、いろいろな説が有るものの躊躇して悪化させるママさんが多い様子なので、
その内容に注目したいです。



シンポジウム4 周産期うつ病患者への対応
2014年7月18日(金) 9:30~11:30 D会場(中会議室コスモス①)
オーガナイザー 尾崎 紀夫 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野
【趣旨・狙い】
WHOは、性差を考慮に入れたメンタルヘルス対策の重要性を強調し、世界規模での研究が開始され、うつ病を含む
精神障害に関して、性差の観点から為された検討結果に基づいた診療の実現が求められている。特に、妊娠・出産
は妊産婦やその家族にとって喜ばしい時期である一方、うつ病をはじめとする気分障害の発症率の高い時期であり、
治療の対象となるケースも多い。我々治療者は、うつ病患者とその家族に治療に関するベネフィットとリスクを説
明し、shared decision-makingに至るため、妊娠・授乳中のうつ病とその治療に関し、何がどこまで明らかになっ
ているかを明確化しておく必要があり、本シンポジウムを企画した。
司  会 尾崎 紀夫 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野
北村 俊則 北村メンタルヘルス研究所/
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野



S4-1 産褥期うつ病の予防・早期発見の方策
北村 俊則 北村メンタルヘルス研究所/
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野
S4-2 周産期精神看護の留意点~助産師の立場から~
新井 陽子 北里大学看護学部生涯発達看護学
S4-3 周産期うつ病の薬物療法の留意点
杉山 暢宏 信州大学医学部附属病院精神科
S4-4 周産期のうつ病患者を理解し、妥当性の承認(validation of perception)へ
尾崎 紀夫 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野
プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
中学生の男の子が一人います。アラフォー??でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

趣味は、パンを食べること、寝ることw、静かな緑に囲まれること、ドライブ。
音楽はクラシック・ケルト系から、ジャズにシフトしつつあります。最近ピアノを習い始めました!ドキドキ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR