3月5日って、何の日?

今日は3月5日です。
さて・・・何の日かご存知ですか?


答えは・・・
「産後(3/5)の日」で〜す!^^


産後…みなさんはいかがでしたか?
ここをお読みということは、おそらく大変だったことでしょう…
今日この日まで、本当にお疲れさまでしたね…!


最近は、漫画のブログなどで産後の大変さがよく知られるようになりましたね。
泣き笑い共感の嵐ですね。
管理人の産後はもうかなり昔になっちゃいますが、
結構悲惨だったので、たまには体験談など書いてみようかと思います。




私はホントにヘタレで、妊娠中もかなり悲惨でした。
半分くらい入院していました。

そして、お産が怖くて怖くて仕方なかった。
当時最新設備の病院を予約し、バースプランとやらで好きなアロマやら何やら計画を立て、
それでもビクビクしていたので赤ちゃんも察してか、予定日2週間遅れでした。
さすがに下から出なくなるので切りましょうという話になると、赤ちゃんが驚いたのか陣痛が来た(苦笑)
でも、「出ようかな〜、ん〜やめよかな〜〜」みたいな陣痛で(これは諸説ありますよね)

あまりに長引くケッタイな陣痛のため、私の不安と恐怖が頂点に達し、
お産の途中で過呼吸を起こし気を失った(汗)
赤ちゃんへの酸素供給が異常になり、緊急で手術へ〜〜


全身麻酔から覚めて新生児室に赤ちゃんを見に行くも、
何の感慨も感動も可愛いとかもなく…ボーゼンというか冷ややかというか、
「母性のかけらもないのか?」と、そんな自分にショックを受け、

その後は号泣とボーゼンを繰り返し、
病院スタッフは慣れっこなのか何のケアもなく、
授乳室で泣いていると「お母さん頑張って!」と言われ、
(頑張ったら母乳出るんかい)

退院時に
「赤ちゃん、分娩時に脳に酸素が行ってないので障害が残るかもしれません」
(それって何がどうなるん?いつ分かるん?どうしたらええのん〜・・・)
絶句しているとお医者さんに「じゃ!」と丸投げされ、

さらに追い討ちをかけるように、退院時に「乳児突然死症候群」のパンフとDVDを渡され(ご丁寧に)
いつ死ぬか分からないのか??とおののきながら育児がスタート…
赤ちゃんが寝ていても自分は息を詰めて死なないか見ている的な毎日が始まり。


511280.jpg


気が立って眠れない、じっとしていられない、
赤ちゃんが泣くと恐怖、幸せどころじゃないです、
おっぱい飲ませては左右の時間を記録し、体重計に乗せてグラム単位でピリピリし、
不眠が続いて全身にジンマシンが出て、
お医者さんには母乳のために食事制限を言い渡され、でも料理も出来ず、
実家から自宅に戻ればワンオペ育児で、自分も泣きたいがそのパワーももはや無く、



これのどこが「おめでた」だぁぁぁ〜〜〜!!!
聞いてないよ、こんなの!!!



…と叫ぶパワーも無く、
「母親だから」「みんなやっていることだから」
でもできない、できない、
可愛いとも思えない、私は母親失格、
こんなママなんかいない方がいいよね…




誰かに相談だとか、思いつく余裕さえなかった。

人に頼っていいだなんて、夢にも思わなかった。

何でも「自分で」やるように言われて今まで来たもの…


でも、この子に何かあったら私の責任なんだよね…
母乳が少なくて免疫少なくて病弱になるとか(ならないよ)
ちゃんと話しかけないと情緒不安定な愛情不足のどっか歪んだ子になるとか(本気で思ってた)


しんどかった・・・
プレッシャー、ホントに苦しかった・・・



私、あの頃の自分をはぐはぐして
「大丈夫だよ〜…赤ちゃんはちゃんと生命力があるから、ゆっくりママになったらいいよ〜…」って
よしよししてあげたい。

あれしなきゃダメこれしなきゃダメとか言う人に
飛び蹴り食らわしてなぎ倒して、
「赤ちゃんがゴキゲンならいいんだよ、ママの心が穏やかならいいんだよ。ラクに行ったらいいよ」
って自分にしてあげたい。



産後はラクすること。安心して穏やかに過ごすこと。


誰もそれを言ってくれなかった不思議。
そうでなくったって、
子宮の中は胎盤剥がれてボロボロだし、
ホルモンバランス無茶苦茶だし、
傷跡痛いし、おっぱいもひどいし、
分娩でヘロヘロだし、不眠続きだし、

そりゃ、寝てなきゃでしょ〜〜・・・



それが産後のスタンダードになる世の中になってほしい。
産後のママはゆったり過ごす。
みんながそれに協力する。
それが当たり前になってほしい。

ママって、この世に命をもたらした、偉大な仕事を成し遂げたばかりなのだから…
社会みんな、もっと大事にしようよね…


見た目寝ていても、
我が子のことを一身に考えているんだから、
守ろうとイライラしたり、気にかけて悩んだりね、
寝ていても消耗するんだから、

それ、世の中みんなに知ってほしい。



そして、世の中の仕組みがどんどん良くなってほしい。
ママが安心して遠慮なく心身を回復させられるように

家族で丸抱えは、すぐ潰れちゃうよ。
子どもは、天からの授かりもので、社会からの預かりものだよ。
みんなで支えようね…


一例として。

神戸市の産後ケア事業。自治体によるんですよね…
http://www.city.kobe.lg.jp/child/maternity/consult/sangokea.html

おうちに訪問してくれる産後ケアのスペシャリスト「産後ドゥーラ」
家事サポート・赤ちゃんのお世話・ママへの寄り添い、トータルに。
https://www.doulajapan.com/request-doula/


いろんな支援、待ったナシで必要になるから…
おむつや出産準備品を買い揃えるのと同じくらいに、
プレママ時代から知っておいてもらえるといいなぁ〜
ついつい「出産がゴール」になっちゃうから…


私も、家事サポート使いましたよ!
もう無理、倒れる、発狂する…と思ったので。
来てくれたサポーターさんが「ネ申…!!」に見えました…
もちろん寝巻きのままで横になってました…



そして、産後、子育てに孤独を感じたら、
「ルミエール」やその他の自助グループにも
アクセスしてみてくださいね。
仲間の存在は心強いですよ〜
http://yuruchie.com/?page_id=44



産後、しんどかった皆さん、
ここまで頑張ってこられたことに拍手です☆

そして、これからの新米ママさんたちにも
暖かい拍手を送ってあげてください〜
優しさをリレーしていけるといいですね^^

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 聞きたいことがありまして。

お問い合わせありがとうございます〜
記載のメールアドレスにお返事させていただきますね!
プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
中学生の男の子が一人います。アラフォー??でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

趣味は、パンを食べること、寝ることw、静かな緑に囲まれること、ドライブ。
音楽はクラシック・ケルト系から、ジャズにシフトしつつあります。最近ピアノを習い始めました!ドキドキ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR