FC2ブログ

理想のお産・バースプランの思い入れ

今度、連続講座でサポート講師をさせていただくのですが、
その主催者メンバーの中に、二人目妊娠中の人がいます。

今日は講座のためのミーティングで、
講師陣には助産師さんもおられるので、
「産み方」…理想のお産についての話で盛り上がりました。

やはり、リベンジと言いますか、
産み方への思い入れは強くなるんですよね〜




私は産科医療の専門的なことは詳しくないので、
どうすれば理想のお産を迎えられるかについての会話を
ただニコニコして聞いていましたが、

自分があまりにもてんやわんやなお産をしたもので、
いろんな事を思い出しました。

「その選択をした場合、死ぬかもなので」的なことを
ドクターに言われる…とかの話も出て、

そして、
その人が大きなお腹で自転車で走り回っているくだりで
(とってもアクティブな人なので!)
私の目が異様に真剣みを帯びたらしく、
ちょっと驚かれたりしまして…(苦笑)



それはね、



私が実際にお産で死にかけたからなんですね。
というか、母子共に非常に危険だったそうです。



今でもよく思い出すんです。

私が手術室に運ばれて、その時、
外で待っているパパさんが
「母子に万が一のことがあっても訴えません」的な念書を書かされた…
という話を。

パパさんのショックと悲しみ。
自分はどうしようもない、変わってもあげられないこと…
そのツラさを思うと、今でも泣けてきます。




私も御多分に洩れず、
お産には夢というか、いろいろ思い入れがありました。
バースプランも書きましたよ!

だって、一生に一回か、そう何回もあることではないですからね…



けれど、
三連休のド最中にお産が始まり、
医療スタッフも最低限しかおらず、
その上、予想以上の難産になり、

憧れの産み方とか、一瞬で消し飛びました…。。。



いや、
今でも、タイムマシン乗って、やり直しに行きたいですよ…。
(もう1回、という気力体力はなかった)

すごく傷ついたのです。

産み方って、やっぱり自分の生き方の理想の具現化というか、
生き様を反映するものですからね…

それを全否定されたかのような気持ちでした。
そして自分は、当たり前のことができない人間なのかと。

(十数年前のことでも、昨日のように思い出す…)



悔しくて、悲しくて。



でも、後になって、
手術室の外でのエピソードを聞き…


こだわりは今でもあるけれど、


「死なんように」だけはせなあかんな、と。





人生にはコントロールできない思い通りにいかない事がある。
そのことを強烈に突きつけられた出来事でした。

今まで大抵のことは努力で何とかできたけれど、
そうはいかないことが人生にはあるんだなと。

(その後の子育ては、言わずもがなですね…苦笑)



「死なんように」。

その後、幾度か死を意識するドン底を体験しましたが、

ただただこのことだけを最優先するようになりました。


大きな決断をする時も、ただ、
「死なんようにするため」が一番の理由になりました。





こだわり、思い入れって、
自分の人生を生きる上でものすごく大切。
蔑ろにしていいとは全然思いません。むしろ自分らしさ、大切にしたい。


けれど、かなり後になって分かったんですよね、

あの難産は、
「自分自身が“閉じていた”からじゃないか?」と。



それまでの人生、
自分のことは自分で決断して、
自分で行動してきた。
それが当たり前で。


けれど、お産って、
お腹の赤ちゃんと対話して、協力して、
息を合わせないといけないものだったんですね…

母体だけが完璧に自己管理して
上手に呼吸すればいいってもんじゃなかった。

今日聞いたんですが、
お産って、産まれる側(胎児ちゃん)の意思も反映するんだそうです。



思い返せば…
胎児の息子は、「陣痛スイッチ」を押した後、
すごく右往左往した感じなんですね…今思うと。
痛くて窮屈でツラくて、とっても怖くなったのではないかしら…

なのに、こちらの都合で、
いろいろをギュウギュウぐいぐい進めてしまい、
結果弱って危険な状態になってしまった…
ゴメンね(泣)としか言いようがないです。


なのに、よくぞこの世に出てきてくれたね。。。
母さん、独りよがりでゴメンね…



だから、
バースプランと聞くと、
いろんなことを思い出してしまいます(苦笑)


でも、あのすったもんだも、
私たち親子のストーリーだったんだな〜って
今は納得しています^^



出産体験って、ほんと多面体。
そんな思いを抱きつつ、
講座当日はママの心に寄り添いたいと思います。

マタニティ期のネガティブな思いも、
受け止めますよ、ドンと来いですよ〜☆




そうそう、
講座当日は、バースプランについてや
その後のパートナーシップのことまで、

夫婦でじっくり話し合う時間を設けています。



そうなの、私自身、

「出産は大変だけど、
赤ちゃんってホワホワ可愛いし、
一日のほとんどをスヤスヤ寝ているのだし、
きっと幸せバラ色〜」

と思っていましたからね…

(ああ!何てこった・・・!!)


あんな、しのごの言ってられない
24時間戦闘態勢だなんて、
たとえ聞いていたとしても
想像以上だったですもの…

マジで夫婦で作戦会議しておかなきゃですよね・・・
パパも何を頑張っていいか分からないですからね…



ママにとっても、パパにとっても、
「人が本当に人になる」のが育児だなぁって、
今になってみると思うのです。



そんな深〜い講座で、
サポート講師としてママパパ達をお待ちしています!


PTブログ用(表)


PTブログ用(裏)


画像を拡大してご覧くださいね




【産前産後のプロが語る パートナーシップと子育ての良い関係】3回シリーズ

★第1回

「産前産後のココロとカラダのお話」
「バースプランの作成」
「安産のためのボディワーク」


2018年6月17日(日) 10:00〜12:30

・親と子のほっとスペース「たんぽっぽひろば」(兵庫県西宮市)

・対象 産前の夫婦

・参加費 お一人1,500円 夫婦割2,500円

・託児あり、定員5名、先着順、無料



★詳細・お申し込みは、a little さんのブログからお願いいたします!

https://alittle00.exblog.jp/26777374/



なお、
・第2回は9月9日(日)、第3回は2019年2月17日(日)です。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
息子はついに高校生でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

メンタルしんどいママ関連の情報をシェアしていきます☆
また、ハーバリウムオイルランプのワークショップ他、癒しに関するイベントのお知らせもしていきます。
インターネットラジオゆめのたね放送局パーソナリティーとして「ゆるゆるいこな〜〜」(木曜23時)という番組を担当しています。

趣味は、寝ること!もふもふ大好き。カフェ巡りも。見晴らしの良い場所が大好き♡ドライブや、乗り物も大好き。そして、美しいものをこよなく愛します。
最近ハマっているのは「火」に関すること。焚き火も大好きです〜

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR