2月21日(火)の定例会

先日2月21日(火)、火曜の会(うつママの会)を行いました。
この日の参加者はお二人でした。

管理人個人的には、どちらの方もよく知った方なのですが、
お二人同士は初対面です。
どんな具合かしら、雰囲気固くなっちゃうかしら、と思っていましたが、
やっぱり同じように「しんどい」同士、
なかなか深いお話も出来ました。良かったです。

この日に確認したのは、

「我が子の為にも、とにかく生きていよう

ということでしょうか。




ツイッターの方でも呟いていますが、
「病気なら大人しくしていろ、遊ぶ(自分の好きな事をする)なんてケシカラン」
という目で見られがちなこと…。

そしてそれを、しんどい側はとても敏感に感じて、
とても小さく小さくなっています。萎縮しています。
隅っこの方で申し訳なさそうに生きてるしかない。


とても切ないです。
仕事や家事をバリバリできる人は、それですでに自己表現できているのですが、
好きな事、楽しい事さえする気力のないのが私たちです。(トイレも食事もする気力ないくらいです)
「楽しい」とか「~しよう」とさえ思えない、そのくらいしんどい。

それを何とか持ち上げようと頑張って、そういう事にトライしている。
或いは、ほんの少しずつ回復途上にあって(すぐに元気にはならないんです、これが…)、やってみようかと「思える」、身体が何とか動くようになる。

けれど、大部分の事は、とてもとても億劫で、本当に体が動かないんです。

そこのところを、周りの皆さんにどうか理解してもらえたら…


「好きな事が出来るようになったの!!すごいね、良かったね!!」なんです。

それが出来るくらいなら…などと、追い詰めないで下さい、
どうか長い目、温かい目で見ていて下さい。
「サボろう、楽しちゃおう」と考える人は、そもそもこの病気にはならないです。
どうか、理解してください。

「楽しく生きたい」。

人間として、自然で当たり前ではないでしょうか。
病気の人でも、誰であっても、それは変わりありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
中学生の男の子が一人います。アラフォー??でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

趣味は、パンを食べること、寝ることw、静かな緑に囲まれること、ドライブ。
音楽はクラシック・ケルト系から、ジャズにシフトしつつあります。最近ピアノを習い始めました!ドキドキ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR