春の光

桜が満開、春爛漫ですね。

私は、光がまぶしすぎるのが辛いので、すぐにカーテンを閉めた部屋のお布団の中に引きこもってしまうのですが、
今日は必要に迫られてスーパーにお買い物に行ったので、その人いきれに息が詰まりそうになり、ベランダで風に当たろうとおやつを買ってきました。(ちなみに普段は、物の洪水と音と人と光で気持ち悪くなってしまうので、宅配生協を利用しています)

春の光に当たると、キュン、と切なく、涙が出そうになります。

この陽気の下で子供と思いっきり遊んでやれなかった情けなさ、青空の下気持ちよく洗濯物を干したり布団をはたいたり掃除に精を出したりできない、それどころか部屋の換気さえ出来ずに布団の中で貝のようになっている後ろめたさ、楽しそうな子どもの歓声を聞くと、ママ友の輪に入っていけないやりきれなさ…

ベランダの窓枠に座って、子どもを膝に乗せて、いつも目の前の国道の車の往来を眺めていました。
いろんな車が行きかう様…一人取り残されたような、ぽつねんとした虚しさ…
それを心のすみっこにぎゅううと押し込み、笑顔を作って「トラックだね、バスだね、カーキャリーが来たね、赤い車カッコいいね」と子どもに話しかける、時間の流れるののなんと遅いこと。
夕焼け空を見上げながら、あと何時間、この子と二人っきりで過ごさなければならないのだろう、とため息をつきました。そして夕方になると必ず子どもの機嫌が悪くなるので、本当に憂鬱でした。

ベランダに座るたびに、この頃のことを思い出します。

コメントの投稿

非公開コメント

つらかったですね。

そうだったんですね。
全然知らなかったことばかりです。

私も去年病気で入院していたので、娘のそばにいてあげられない
つらさで病室でよく泣いてました。
(いまはもう元気です!)

ふとしたときにそのときのことを思い出して、またつらくなってます。

でもだんだん思い出す機会も少なくなってきて、
乗り越えつつあるのかな。

いつか、そんなこともあったね~と娘と笑える日が来るかな♪

Re: つらかったですね。

>ななさん

コメントありがとうございます(^^)
ななさんは、入院されてたことがあったんですね。小さいお子さんをおうちに置いて離れているのは、切なかったでしょう…
私も入院ではないですが一日のほとんどを保育園に預けて家で静養していたので、何もしてやれない自分が悲しくてよく泣いていました。
子どもはどんどんどんどん前に進んでいくものですから、お子さんの成長につれて傷も癒えていって、思い出話になってくれると思いますv-22
思い出した時には、遠慮なく泣いてもいいんですよ。誰かに聞いてもらうと、尚いいです。そのうち、お子さんがヨシヨシしてくれたりしますよ(^^)

私のつれづれは、「そうそう私もそういうことがあるの」と「一人じゃないんだ」と安心してもらえたり「今度、会で、掲示板で吐き出してみようかな」と思ってもらえたりしたらいいなーと思って書いています。
私も子どもの成長につれて忘れていっていますが、皆さんのお気持ちに寄り添っていけるといいなぁと思って、思い出した時に書いていこうと思っています。

プロフィール

小舟さくちる

Author:小舟さくちる
この自助グループの管理人をしています、小舟さくちるです。
中学生の男の子が一人います。アラフォー??でございます…(笑)
ツイッターも連携しています、そちらの方では「sakuchiru33(さくちる)」で探してみてくださいね☆

趣味は、パンを食べること、寝ることw、静かな緑に囲まれること、ドライブ。
音楽はクラシック・ケルト系から、ジャズにシフトしつつあります。最近ピアノを習い始めました!ドキドキ♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR